お知らせ

初心者でも手っ取り早く楽しめる競技のボルタリングですが、専門用語は他種多様に存在します。

専門用語を知らなくても、問題なく楽しめますが上級者を目指すなら知っておいた方が何かと便利です。

という訳で今回はボルタリングの用語集(ムーブ編)をご紹介したいと思います。

経験者でも、専門用語はぜんぜん覚えていないという人も参考にして下さい。

ムーブ系ボルタリングの用語一覧

キャンパ

足を使わないで登る事です。

キョン

足の片方を内側に曲げて下半身を固定してバランスをとるムーブ。

クロス

その名の通り、手を交差(クロス)してホールドする事。

ジャミング

岩の割れ目や隙間を上手に使い手や足を捻るように入れていき身体を固定する事です。

ステミング

岩場の隅で角を使って両足を開いて身体を支えるテクニック。
しっかり足を張ってステミングできれば、手を離しても落ちません。
レストに重宝します。

スメアリング

ホールドではない所を摩擦を使い、身体を維持するテクニック。

正対

壁に向き合っている状態や姿勢。

ダイアゴナル

基本的なムーブの一つ。
対角線の動きを意識してバランスを取るテクニック。

ダブルダイノ

ランジの際に両手を使ってホールドする事。

地ジャン

スタートのホールドを地面からジャンプしてとる方法。
地面からジャンプ、略して地ジャン

デッド

身体を壁に引き付けてから、瞬間的にホールドを離してから次のホールドを取る事。
無重力状態になるため、次のホールドを掴めなければ落ちてしまいます。

手に足

手のある位置に足を上げるテクニック。

出前持ち

ホールドの下を持ち上げるようにして身体のバランスを保つテクニック。
下からホールドを押すようにして体を保持すること。
そば屋が自転車で出前を運んでいる感じに似ています。

トゥフック

つま先を使い引っ掛けるようにしてホールドする事。
できるだけ足首から近い距離の場所を引っ掛けるようにして下さい。

ニーバー

ホールドとホールドの間に膝から下の部分でつっぱってバランスを取るテクニック
しっかりできれば、楽に体重を支える事ができます。

ノーハンド

その名の通り、手を使わないこと。
簡単なコースでも、ノーハンドだと難易度が一気に高くなります。

パーミング

手のひらを使って摩擦を利用してホールドするテクニック。
基本的にはスローパーに使います。

ハイステップ

大きく足を動かし、乗り込むようにする動き。

ヒールフック

かかとを使ってひっかけるようにしてホールドする事。
つま先は寝かした状態で、かかとをかきこむ事が重要になってきます。

ピンチフック

両足のつま先を使ってホールドを挟むテクニックです。

フラッギング

下半身を振る事で重心を安定させ、バランスを取るテクニック。

マントリング

ゴール地点に乗り込み、立つ事。

ランジ

次のホールドまで距離があって、ムーブでは取れない場合に、ジャンプでホールドする事。
ジャンプするため、失敗すると落ちます。

レイバック

下半身と腕の力を上手く活用するテクニック。
足で押した時に腕は引いてバランスを取るムーブ。

専門的な動きを覚えたいなら当店にお越し下さい!

さて、ズラズラと専門用語を並べましたがどのくらい把握していましたか?
ボルタリングのベテランでも、全部はわからないって人は多いと思います。

ボルタリングをするためには、必ず必要という知識ではありませんが、専門誌などもこういった用語が書いてあるので知っておいた方が上達は早いかも知れません。

岐阜市のボルタリングジムAlto Puente(アルトプエンテ)は、初心者からベテランまで楽しめるボルタリングジムです。

こういった専門知識や基本的な動きなども教えますので、お気軽に聞いて下さい。

今まで通っていたボルタリングジムでは飽きてしまったと言う方には他では味わえない難しいコースも多数、ご用意しています。

ぜひ、当店の神クラスのコースをお試し下さい。